〔諸規則〕定款施行細則

 定款施行細則

第1条(所属部)

正会員は、その専門にしたがい、日本画、洋画、版画および彫刻の四部に分属する。

第2条(理事)

理事は、当分のうち20名とし、その内訳は下記の通りとする。
日本画部  4名
洋画部   8名
版画部   4名
彫刻部   4名

第3条(委員)

委員は、当分のうち70名とし、その内訳は下記の通りとする。
日本画部  15名
洋画部   33名
版画部   10名
彫刻部   12名

第4条(小委員会)

委員会は、各種の問題を検討する常設または臨時の小委員会をおく。

第5条(長寿会員)

在籍20年以上の会員が85歳に達したときは、以後会費の納入を必要としない。

第6条(会費の減免)

長期病臥その他の事情により特別に困難の状況にある会員に対しては、理事会の議決により、その年度の会費の納入を減免することができる。

第7条(事務局長)

事務局長は、理事長の命を受けて事務局を主宰し、職員の勤務、会計の収支、財産の管理及び事業の遂行につき、理事会に対して責任を負う。

2 事務局長は、議決権をもたずにすべての会議に参加し、その書記を務める。

第8条(事務局に関わる規程)

事務局職員の服務及び給与等についての就業規則、賃金規程、退職金規程等諸規程は、理事会の議決を経て別に定める。

第9条(事務局職員の任免及び給与等の決定)

事務局職員に関わる下記の事項については、常任理事会の決議を経て、理事長が決定する。
(1) 事務局職員の任免
(2) 事務局職員の給与等の額