APGデータベース
   
 

日本美術家連盟、日本写真著作権協会、日本美術著作権連合の3団体で構成される日本美術著作権機構(Japan Art, Photograph and Graphic Art Copyright Organization 略称APG-Japan)は、美術・写真・グラフィックアート3分野における会員の著作権情報を一般社会に提供するとともに、会員の作品を広く紹介することを目的として、APGデータベースを運営しています。


APGデータベースへ http://www.apg.gr.jp/


APGデータベースは基本的に以下の3つの機能から成っています。
(1) 著作権者検索機能
(2) 作品検索機能
(3) 著作権者情報、作品登録機能

(1)と(2)の機能は、主に一般の利用者向けの機能で、著作権者情報及び作品画像を閲覧できます。
(3)の機能は著作権者専用の機能です。著作権者IDとパスワードを入力することによって公開してもよいご自分の著作権情報及びプロフィール情報や作品画像を登録したり変更したりすることができます。


IDとパスワードの取得を希望する方は、500円切手を同封のうえ、連盟事務局までお申し込み ください。